学生 アルバイト 消費者金融

アルバイトでもクレジットカードを作る方法とは


アルバイトやパートの人でも、クレジットカードを作ることはできますが、正社員の人と比べて不利な場合があるのは事実です。理由としては、アルバイトやアパートの人は正社員の人より入社しやすく退社もしやすいことから短期での就業が多いことが挙げられます。

クレジットカードの申し込みの第一条件は、安定継続収入という条件が一般的です。特にここでひっかかる場合があり、安定継続収入は勤続年数がバロメーターになっており、勤続年数が短い場合はかなり厳しいと考えて間違いはありません。また、アルバイトの場合は給料は時給単価で決まる場合がほとんどで収入が少ないことがネックになります。ですが、中には年収が100万円でも可決された人も多くいます。中には100万円以下の人でもクレジットカードを作れた人もいますので、最低でもこのぐらいの額に調整してみるのも一つの方法です。少し余裕を持って200万円以上あるとベターです。収入と並んで、勤続年数は非常に重要な項目です。収入がある程度あっても、勤続年数が1年未満の場合は安定継続収入と認められることはほとんどありません。

また、きちんと在籍しているかという在籍確認の電話がかかってくることもあります。その際にきちんと対応できるかが重要です。最近ではインターネットから申し込みをする人もいますが、コンピューターによるスコアリング審査ではじかれてしまう可能性があり、郵送申し込みにする方が賢明です。






   更新日:2014/12/21